長野県のエクステリア【外構&ガーデン専門店】

エクスランド四季

あなただけの Only You Garden! 私たちと一緒に創りましょう!

おすすめ樹木-Recommendation Tree-

ヤマボウシ

ミズキ科の落葉高木

開花期:6月中旬~7月中旬                                                                  

ハナミズキよりも開花時期が遅く、葉が出た後に花が咲きます。                    ヤマボウシ

花のように見えるのは花びらではなく、花の付け根の葉の部分で総苞片。

実は8月~9月頃熟し、食べることができます。

ハナミズキとそっくりですが、ヤマボウシの方が寒さに強い。

ハナミズキ

ミズキ科の落葉小高木~高木

開花期:4月~5月

大正時代に当時の東京市長がアメリカのワシントン市に贈った、

桜の苗木の返礼として送られてきた日米親善の木。                               ハナミズキ

春、前年枝の先端に花を付けます。白や赤の花びらのように見える部分は

葉が変形した総苞片で、その中心に黄緑色の花が20個ほど集まっています。

10月~11月頃、果実が深紅色に熟します。 また秋に葉が赤く色づきます。

街路樹にもたくさん植えられている程、丈夫なことが人気です。

百日紅 (サルスベリ)

ミハギ科の落葉広葉小高木 樹高2~10m

開花期:7月~10月 花は濃いピンク色が代表的で                         百日紅 (サルスベリ)

開花期間が長いことが人気の庭木です。

「猿も滑るくらい樹皮がツルツルにむけている」ことから「サルスベリ」

漢字の「百日紅」は「百日咲き続ける紅色の花」という意味があります。

ジューンベリー

バラ科の落葉小高木

開花期:4月下旬~5月上旬 耐寒性・耐暑性ともに強い。

名前の通り6月に赤い実を付ける。沢山収穫できれば、ヨーグルトと一緒に                   ジューンベリー実ジューンベリー花

食べたり、ジャムにしたり楽しめる。

ただ、ちょうど熟す頃になると野鳥たちが食べに来る。

春の花、赤い実、高揚の黄と、年3回楽しめる樹。

割と卵形の樹形のため、まとまり易い。

ハナモモ

バラ科の落葉高木

開花期:3月中旬~4月中旬 耐寒性・耐暑性ともに強い。

花を観賞するために品種改良された桃。                                         ハナモモ

樹形は立ち、枝垂れなどあり、植え場所の広さなどを考え選ぶと良いでしょう。

花色は濃いピンク・赤・白と1本の木の中で赤・白・紅白の絞りが混ざる「源平」がある。

水はけが良く日当たりの良い場所を好む。

花後、実もできるが食用にはならない。

イロハモミジ

ムクロジ科の落葉高木

開花期:4月~5月 

5~9つの掌状に分かれ葉は、やや粗い鋸歯がある。                           イロハモミジ

和名の「イロハモミジ」はこの裂片を「いろはにほへと」と数えたころからつけられたとされる。

1年を通して、よく日が当たる場所を好みますが、強い西日は好みません。

成長はとても早く、雌雄同株で花序内に雄花と両性花が混在します。

ヒメシャラ

ツバキ科の落葉高木

開花期:6月~7月 耐寒性はやや弱く、耐暑性は普通。

幹は樹皮が薄く滑らかな赤褐色。                                          ヒメシャラ

6月~7月にツバキに似た直径2~2.5cm程の白い花を咲かせます。

肥沃な土なら南でOKですが、基本的には午後は陽の当らない場所がお勧め。

ツバキと同様に咲き終わった花はポトリと落ちます。

幹の美しさからシンボルツリーとしても人気があります。

スモークツリー

ウルシ科の落葉高木

開花期:6月~8月 耐寒性・耐暑性ともに強い。日の当たりの良い場所を好む。 雌雄異株。

枝先に円錐状の花序をだし、3~5mm程度の小さな花を咲かせる。              

雄木は花序が短く煙状にならない。雌木の花序は20cm程度で多数枝分かれし、花後に花柄が伸び

煙がくすぶっているように見えるところから「ケムリノキ」とも呼ばれる。                             

植えたばかりのころは樹形が整いにくく、成木になると横に広がり自然と美しい樹形になる。       スモークツリー

成長が早く広がるため、スペースにゆとりが必要です。

エゴノキ “ピンクチャイム”

エゴノキ科の落葉高木                  

開花期:5月~6月 耐寒性・耐暑性ともに強い                      

通常、白い花ですが園芸用に改良された品種               

通称「赤エゴ」

小枝の先に釣り鐘状のピンクの花を下向きに付ける。

秋には卵型の果実が熟す。

名前の由来は、果皮が有毒で「えぐみ」があることによる。

昔はこの果実をすり潰して川に流す漁法が行われていた。   エゴノキ実赤エゴの花

アオダモ

モクセイ科の落葉中高木

開花期:4月~5月

西日の当たらない半日陰が良い。

雄性両全性異株であり、雄株と両性花株から構成される。                         アオダモの花アオダモ

木が堅く粘りがあるため、野球のバットに利用されるのは有名です。

他には、テニスのラケットやスキーの板、家具などに使われます。

名前の由来は、枝を切って水につけると、その水が青くなることから。

この特性から染料として利用されていました。

細目の株立が人気の樹です。